2009年04月29日

家庭で出来る豚インフルエンザ対策

新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)の感染拡大を防ぐには、
感染防止の基本である手洗いやうがいの励行、マスクの着用のほか、
家から出ないでいられるよう水や食料品を備蓄しておくことが重要だそうです。

え・・これって、外に出たらやばいってことですか?
今年のゴールデンウィークは天気がよいこともあり、
かなり行楽地に人が集まることでしょう。
ここで一気に感染拡大、なんてことになったら厄介ですね。

政府がまとめた家庭で取るべき行動ガイドラインによると、ウイルスは、
患者のせきやくしゃみのしぶきを鼻や口から直接吸いこんだり、
ウイルスがついたドアノブやテーブルに触れ、その手で目や鼻、
口に触れたりすることで体内に侵入、感染するので、マスクをすれば、
ほかの人に感染させない効果があるとか。
当然、他の人からの感染も防いでくれますよね。

うちにあるんですよ、活性炭入りのなんだか強力そうなマスクが。
もらいものなんですけどね、自分がこのマスクすると
目の下までマスク状態でかなり見た目やばいです。
マスクマン、的な。

でも、背に腹は代えられませんね。
一人でスーパーなどに行く時はなるべくこのマスク着用で行こうかしら。
で、食料品などは買い溜め、と。
引きこもりになりそうー・・・。


まず手洗い、食品備蓄 家庭でできるウイルス対策
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090428-00000578-san-soci

posted by 豚インフルエンザ対策マスク at 11:04| 豚インフルエンザ対策 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。